2017.01.22

配色でユーザーにイメージを伝える!色が与える心理的効果について

デザイナーの方がホームページを制作する上で悩むのが「配色」ではないでしょうか?
ホームページを見たときに与えたい印象や、ページの領域を占める色の配分、綺麗な色の組み合わせなど、色遣い一つでグッとホームページのクオリティが変わってきます。

さらに色のイメージというのは心理的な影響を与えることもできるのです。

そこで今回は各色が与える色の印象
についてご紹介したいと思います。

色には有彩色と無彩色、暖色と寒色、光沢色といくつかに分けることができます。
これらの説明はこちらの記事にまとめているので興味がある方はこちらも合わせてお読みください。
【デザイナーは押さえておきたい】色の基本的な種類分けについて


各色が与える色の印象と使うタイミング



例えば、赤い色だと炎や血を連想するため熱いイメージや危険なイメージがあったり、青い色だと、水を連想すれば、涼しげなイメージや清潔感のある印象を与えることができます。

赤が与える心理的効果

赤と聞くと火や太陽を連想する活発的な印象を与えることができます。
また、勝利やリーダーシップの印象のようなポジティブなイメージでは活発さ、情熱さを掻き立てるような印象を与えます。
ネガティブなイメージでは、緊張、注意、怒りのような印象を与えます。

使えるタイミングとしては、セールや特売品など値引きの文言に赤を使ったり、
また、食欲増進の効果もあるため、マクドナルドやケンタッキーなど食品業界でも多用されています。
また、辛い食品などの宣伝にも効果的です。

青が与える心理的効果

青い色をみて連想するものと言えば、海や 水、空など清涼感を与えるイメージが多いですまた、涙やブルーな気持ちと言われるほど、悲しみや寂しさも連想されます。
上記の通りポジティブな印象では、清涼感や清潔感、責任感や堅実さ冷静さの印象を与えます。
また、心理的効果では集中力をましたり、冷静にさせる心理的効果もあります。
ネガティブなイメージでは寒さ、悲しさ、寂しさや赤とは反対に食品では自然界には青い食べ物がすくないので食欲減退の印象を与えます。

使えるタイミングでは、涼しさを提供したい場合など涼しさをアピールしたいときなどは青は有用です。
また、清潔感、責任感を与える印象であるため、企業のサイトや病院のサイトなどにも使うことができます。

緑が与える心理的効果

緑色をみて連想するものといえば、草原、芝生、木や森など自然を連想するイメージが多いです。

ポジティブなイメージでは、自然界を連想するため、安らぎや癒し、健康やオーガニックの印象を与えることができます。
また、心理的には気持ちを穏やかにする効果があり、目にも優しい色になっています。

緑にはあまりネガティブなイメージがありませんが、安らげる印象が大きいため活発さを宣伝したい場合にはあまり有用ではありません。

使えるタイミングは健康食品や、オーガニック食品の宣伝、サロンやリラクザーションなどの紹介や宣伝に有用です。

黄が与える心理的効果

黄色をみて連想するものといえば、太陽や光を連想させるイメージが多いです。
また、たんぽぽやレモン、ひまわりやバナナなど植物、果物も連想されます。

ポジティブなイメージでは、活発さや、親近感、フレッシュさを与えることができます。
心理的効果は、集中力をアップさせたり、気分を明るくさせることができます。
ネガティブなイメージでは、軽率さや責任感のなさ、幼稚な印象を与えます。

使えるタイミングでは、新鮮さを与える果物の宣伝や、活発さを与えるため、幼稚園や、おもちゃなど子供向けの商材やサービスの宣伝に有用です。

また工事現場でもよく用意られるように、黄色と黒の組み合わせは昼と夜と対照的な印象を与えるため、強い注意喚起を促す時にも有用です。

橙が与える心理的効果

橙は黄色と赤を混ぜた色であるため、両方の印象を与えることができ、
親近感、仲間意識、暖かさ、元気、明るいといった印象が多いです。

ポジティブなイメージとしては上記のようなものがあり、
緑同様、ネガティブなイメージが少なく、もっとも万人受けしやすい色とも言われています。
心理的効果としては、仲間意識を強めたり、赤と同様食欲増進、また緊張を和らげる効果もあります。

使えるタイミングとしては、家庭的な印象を与えるため、不動産や旅行、黄色同様子供向けの商材や、赤同様、食品系のイメージカラーとして有用です。

桃が与える心理的効果

桃色は、女性や幸福、可愛らしさやハートを連想することが多いです。

ポジティブなイメージとしては
柔らかさや優しさ、愛情の印象を与えます。
心理的効果としては、
幸せな気持ちや、優しい気持ち、緊張を和らげる効果があり、女性ホルモンの分泌を助けたり、血行を促進し幸福感の増強や緊張感の軽減などに効果があります。

ネガティブなイメージは少ないのですが、緊張感や活発さを伝えたい時には あまり有用ではありません。

紫が与える心理的効果

紫色は赤と青と連想するイメージに対立するものが多い色の混合色であるため、
「神秘さと不安」「高貴さと下品さ」など場面によって捉え方が大きく変わってくる使い所の難しい色になっています。

ポジティブなイメージでは神秘的、上品さ、大人の雰囲気、優雅さ、艶やかさの印象を与えます。
ネガティブなイメージでは、不安定さ、下品、孤独、過度な性的さを与えます。

使えるタミングとしては、占いや、ミステリーなどに関連する商材の宣伝、オカルトやホラーなど恐怖心を煽るのにも効果的な色です。

茶が与える心理的効果

茶色は木や、大地、土を連想させることが多い色です。
また、歴史や伝統など、時代を表現する色としても代表的です。

ポジティブなイメージでは、堅実さ、安定感、守りや安らぎのイメージを与えることができます。
心理的効果としては、温もりや安定している印象、堅実さや信頼感を与えます。

ネガティブなイメージとしては、汚れや、地味さ、頑固さや融通の聞かない印象を与えます。

使えるタイミングとしては、木材を扱ったり安心感や堅実さを与えるため、リフォームや建築、土木の仕事にはとても印象がいいです。
また、歴史や伝統の紹介などのサイトの配色にも有用です。

白が与える心理的影響

白は光をもっとも反射する色であり、暗い色を引き立てることができます。
連想させるイメージとしては清潔さや神聖さ、祝福や神様です。

ポジティブなイメージでは、清潔な印象や新しいスタート、純粋さや、神聖さのイメージを与えます。
心理的効果としては、実際の重さより軽く感じさせたり、気分の一新や、広さを感じさせることができます。

ネガティブなイメージとしては、空虚さ、虚無さ、孤独や、持て余した感じの印象を与えます。

使えるタイミングとしては、病院や清掃業など、清潔感を伝えたい場合や、新生活にまつわるサービスや、新生児に携わる業種などに有用です。

黒が与える心理的影響

黒は全ての色の中で一番印象に残る色になっています。
基本的に色を組み合わせた際には黒のイメージが強くでます。
しかし、部分的に使うことによって、周囲の色を引き締め目立たせることもできます。
連想させるイメージとしては、夜や闇、恐怖や孤独など比較的ネガティブなものが連想されやすいです。

ポジティブなイメージとしては、強い決意や、高級感、自信や威厳などです。
ネガティブなイメージは、恐怖や孤独、闇や、暗いなどです。

使えるタイミングとしては、スタイリッシュなサイトに有用であり、ブランディングサイトやアパレル関連、ホラーやオカルトのサイトなどに有用です。

しかし、コーポレートサイトなどに黒を多用しすぎるとブラック企業が連想されることがよくあるので黒を活用しているサイトはあまり多くありません。

灰が与える心理的印象

灰色は他のどの色とも協調性があり、自己主張がなく馴染み安い色であるため、背景色として多く使用されます。

また、黒に寄れば黒のイメージに、白に寄れば白のイメージ効果が加われます。

ポジティブなイメージでは、上品さ、落ち着き、穏やかさ、強調性。
ネガティブなイメージでは、曖昧さ、無気力感、憂鬱さや地味さ。

使えるタイミングとしては、基本的にどのような場合でも効果的に機能します。
白背景の背景色として区切りのように使うこともできれば、真っ黒や真っ白の中に文字色として、主張しすぎず文言を見せることができます。

ただ、多用しすぎると、全体的に主張のない印象になりかねないので注意してください。

金が与える心理的効果

金色はお金や高価さ、特別感や成功を連想させる色です。
WEB場では直接光沢感を表現できないので黒味のある黄色や、白と黄色のグラデーションで表現されることが多いです。

ポジティブなイメージとしては、成功や勝利、豊かさや実り、特別さ、高級さ。
ネガティブなイメージとしては、成金や傲慢さ、過度な派手さの印象を与えます。

使えるタイミングとしては、
ブランディングサイトなどの高級感を伝えたい時や、限定品など特別感を伝えたい時などに有用です。

しかし、稼げるなどお金関係とのワードと金色を組み合わせてしまうと、急に胡散臭さが出てしまうので、注意してください。

銀が与える心理的効果

銀は灰色と同様、協調性の高い色になりますが、WEB場で単色で表現した場合は灰色と変わりありません。
また灰色と黒や白とのグラデーションで表現することも可能です。

ポジティブなイメージは高級感、シャープさ、スタイリッシュさ近未来的な印象を与えます。
ネガティブなイメージは、冷たさや、二番目な印象を与えます。

使えるタイミングとしては、高級感や洗礼さを伝えたい時や、ロボットやITなどのコンピューターや近未来な技術を伝えるのに効果的です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
一通り読んでみて、確かにあのサイトはイメージと使われている色があっていたなと思うこともあったのではないでしょうか?

サイトのイメージをよりユーザーに伝わりやすいように心がけながらサイトの配色を決めてみてください。
また、配色に悩んだ時もそのサイトを見てどんなイメージを持って欲しいかによって配色を決めてみてはいかがでしょうか?

記事をシェアする

fb_logoシェア tw_logoツイート

タグ

PAGE
TOP
  • home
  • BLOG
  • 配色でユーザーにイメージを伝える!色が与える心理的効果について