2017.01.22

react.jsの知識のなかった自分が、大手ベンチャーで業務を行えるようになるまでの勉強方法



こんにちは、代表の浪岡です。

近年とてもニーズがあると言われているreact.jsですが、自分も半年ほど前に大手ベンチャー企業から頂いたお仕事でメインの開発言語がreact.jsだった為その時から初めて勉強していくことになりました。

実際に自分が業務にあたっていく中で、流行っているとはいえど、参考になるHPや書籍が少なく勉強にとても苦労したのですが1ヶ月ほどでなんとか自分も中心メンバーとしての開発が行えるようになりました。

そこで今回は自分もまだまだ勉強しなければいけないことが多いですが、
現状の自分の知識でざっくりとreact.jsの説明と、自分が業務がこなせるようになったまでの参考にさせてもらったページのご紹介をさせていただければと思います。

React.jsとは?

React.jsとはFacebookが作ったJavascriptのフレームワークです。
UIの構築をする為のライブラリなのでMVCのV(view)のみの機能が開発できます。


React.jsで作られているもの

・Facebook
・instagram
・atom(エディター)
・Yahoo


React.jsの強み

・差分のあるDOMのみが更新されるので描画が速い
React.jsの特徴の一つにVertualDOMと呼ばれるものがあり、更新される前と後で変更が見られた場合は更新をかけるのですが、変更がない場合は更新を行わない為、更新箇所のみの描画が行われる為負荷も少なく結果的に描画スピードが速くなります。

・Javascriptのフレームワークなので学習コストが低い
前述の通りReact.jsはJavaScriptのフレームワークなので、React.jsの仕組みと構造を理解すればすぐにでも開発に取りかかることが可能です。


React.jsで開発してみる

Facebookに公式チュートリアルがあるのですが、英語で書かれている為日本語で翻訳しているこちらのサイトを参考にさせてもらい実際に開発をしました。
http://mae.chab.in/archives/2872

現場ではスケジュール管理のアプリケーションの開発に携わらせて頂いていたのですが、実際の開発ではReduxというReact.jsのUIの状態(state)を管理するフレームワークを使用していました。
Redux関してはこちらの記事を参考にしました。
http://qiita.com/kiita312/items/49a1f03445b19cf407b7

上記を踏まえた上でReact + reduxの開発に関しては下記のURLを参考に開発を行いました。
http://mae.chab.in/archives/2885

上記の開発を3回づつほどやっていると何が何の役割をしているのかが把握でき、そこからは実際の業務をこなしながら、制作ができるようになりました。

まとめ

まだまだ自分も未熟な部分があり、勉強することが多いですが、
調べるとgithubに参考になるようなデモファイルなどをあげている方もたくさんおり、それを参考にしながら勉強を進めていくといいのではないかと思います。

記事をシェアする

fb_logoシェア tw_logoツイート

タグ

PAGE
TOP
  • home
  • BLOG
  • react.jsの知識のなかった自分が、大手ベンチャーで業務を行えるようになるまでの勉強方法